印刷


安心・安全への取り組み

グループの取り組み

人間と地球の未来を見つめて。

社会から求められ、信頼される企業グループを目指して。
マルハニチログループが取り組むCSR活動の一部をご紹介いたします

グループ全体の取り組みについて

マルハニチロ北日本の取り組み

お客さまに安全でおいしいものを多くの方々にお届けしたいという信念のもと、確かな品質とサービスを追求し、満足していただけるよう、心をこめたものづくりを伝えてまいります。またグループ一体となってISOに取り組み、品質保証力の向上に努めてまいります。

ISOの取得

マルハニチロ北日本では、品質マネジメントシステムに関する国際規格である「ISO9001」を3工場で取得し、釧路工場・森工場においては、2005年に新しく発行された食品安全マネジメントシステム「ISO22000」の認証を取得しており、全社一体で顧客満足向上を目指すためのシステムとなっております。

認証取得状況

工場名 ISO9001 ISO22000 ISO14001
本社 2015年04月   2012年09月
宗谷工場 1999年12月   2003年03月
富良野工場 2012年03月   2014年07月
釧路工場   2007年11月 2004年04月
森工場   2007年11月 2003年03月
青森工場 2007年05月   2013年10月
  1. ISO:International Organization for Standardization の略で、スイスに本部を置く民間機関「国際標準化機構」のこと。ISO9001は、顧客ニーズに応えるため、プロセスを計画し、実施し、改善していく品質マネジメントシステムの国際規格。ISO22000は、HACCPとISO9001が融合された食品安全マネジメントシステムの国際規格です。
  2. HACCPとは、Hazard Analysis Critical Control Point(危害分析重要管理点)の略で、食品製造の過程で、生産の初期段階から製造・ 加工工程を経て最終消費者に至るまでの食品の安全性を保証するための衛生管理手法のことをいいます。
  3. ISO14001は、活動・製品・サービスについて、環境に与える負荷を継続的に低減・防止していくための環境マネジメントシステム(国際規格)です。

安心・安全への取り組み