北乃創彩

「北乃創彩」ぶりラー油

北海道の「ぶり」

「ぶり」は、スズキ目アジ科ブリ属の海水魚の一種。成長段階によって名前が変わる出世魚で、一般的に全長70~80cm以上の成魚を「ぶり」と呼んでいます。2020年北海道水産現勢概報によれば、道内の漁獲量は15,000トンに及び、都道府県では全国一位の水揚げで、北海道の定番の魚になりつつあります。
 

  • 「ぶり」には、虚血性心疾患や血栓の予防に効果があるといわれるEPAや脳の働きを活性化させる報告例が数多くあるDHAが豊富に含まれています。
  • また、肌に良いと言われるコラーゲンや、カルシウムの吸収促進が知られているビタミンD、抗酸化作用があるビタミンEが多く含まれています。

北海道の「ぶり」は、9月中旬から獲れ始め、9~10月にかけて漁獲量が増えます。北海道の「ぶり」は、すべて天然物で、身が締まっており、上質な脂の甘さが魅力です。
 

製法のこだわり

製品に使用する「ぶり」は、新鮮なうちに加工場に運ばれ、さらにプロの目で厳しく状態を確認して慎重に選別しています。
 

使用する調味料は、「ぶり」の旨みがしっかり引き立つよう、バランス良く配合し、当社独自の製法により、「ぶり」の身がふっくらと仕上がるように炊きあげております。

昆布エキス、魚醤パウダーで旨みをさらにアップし、練りごまを混ぜてコクを出しています。

使用するラー油は、「なたね油」と「ごま油」をバランスよく配合した「辛口ラー油」を使用し、さらに大豆油を加えてラー油自体の旨みを追求し、マイルドな辛味に仕立てました。

 

出来上がり

ごらんの通り、温かいご飯と相性は抜群!その他様々な料理にお使え頂けます。

「北乃創彩」ぶりラー油を使ったレシピ

ビビンバぶりラー油のせ

使用する商品:ぶりラー油

材料( 1人前)

  • ぶりラー油  大さじ2
  • 白米     1人前
  • にんじん   50g
  • ほうれん草  50g
  • 大豆もやし  50g
  • ぜんまい   50g
  • 卵黄     1個
  • 醤油     小さじ1

作り方(所要時間:約15分)

  1. にんじん、ほうれん草、ぜんまいを3~4cmにカットする。
  2. にんじんはラップに包み、レンジで1分加熱後、1分蒸らす。ほうれん草はレンジで1分加熱後、水にさらして水気をとる。大豆もやしはお皿に移し、ラップをかけてレンジで1分加熱後、1分蒸らして水気をとる。ぜんまいはレンジで30秒加熱(ラップなし)。※電子レンジは600W
  3. 2を盛り付けた後、卵黄、ぶりラー油を乗せ、醤油をかけたら出来上がり。   

ぶりラー油焼きそば

使用する商品:ぶりラー油

材料(1人前)

  • ぶりラー油   大さじ2
  • 焼きそば麺   1人前
  • キャベツ    100g
  • もやし     50g
  • 卵       1個
  • 醤油      大さじ1
  • オリーブオイル 適量
  • 水       適量

作り方(所要時間:約10分)

  1. キャベツを適当な大きさにカットする。
  2. 中火のフライパンにオリーブオイルを敷き、キャベツ、もやしを炒める。その後卵を入れ、再度炒める。
  3. 麺と水を入れ、中火で炒める。醤油をかけて仕上げる。(醤油とぶりラー油を一緒に入れて仕上げても良い)
  4. お皿に移し、ぶりラー油を乗せて出来上がり。