北乃創彩

「北乃創彩」北釧まいわし梅煮

北釧まいわし

世界各地で水揚げされる「いわし」。 その中でも「まいわし」は、全国各地で水揚げされる日本のいわしの代表格です。その「まいわし」の中でも、北海道釧路沖で漁獲され、釧路港で水揚げされる「北釧まいわし」は、北海の豊富なエサを食べて育った脂肪分たっぷりのおいしいいわしです。

  • 「まいわし」には、認知機能のサポート、血流改善効果の報告例が多数あるDHA(ドコサヘキサエン酸)や抗炎症作用や、DHA同様、血流改善効果の報告が多数あるEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。
  • DHAやEPAをはじめとした多価不飽和脂肪酸は、いわゆる「青物」の魚に特に多く含まれており、なかでも脂肪分を多く含むいわしにはこれらの含有量が多いことが知られています。

「北釧まいわし」は、冬から春にかけて房総半島から九州沿岸に回遊し、秋に釧路沖に戻ってきます。釧路沖は黒潮と親潮が出会い、湧昇流が発生することにより海底の栄養素が運ばれ、プランクトンが多く発生するため、国内屈指のエサが豊富な海域であり、この海域を遊泳するいわしは脂肪分をたっぷり蓄えています。

製法のこだわり

 「北乃創彩 北釧まいわし いわし梅煮」は、脂肪が載ったおいしい「いわし」をさらにおいしくお召し上がり頂けるよう「いわしの代表的な和食メニュー」である「いわし梅煮」を、本格料亭にも負けない味に仕上げるべく、調味料にとことんこだわりました。

本格料亭の味を再現すべく梅煮に使用する梅調味料は、和歌山県みなべ町の「南高梅」を使った梅肉ペーストを使用し、梅本来のうまみと、いわしのうまみが絶妙なハーモニーをかもし出しています。

国産昆布を使った昆布エキスと、本みりんで、レシピ全体に「うまみ」と「まろやかさ」を加えることで、さらに本格的な味を追求しました。
 

ここに「色とうまみは白醤油風」「香りは濃口醤油」の醤油系調味料と「さわやかでくせのない」白みそを隠し味に加えることで、深いコクを感じて頂けるよう工夫しました。

 

出来上がり

はい!出来上がり 料亭に負けない本格的な「いわしの梅煮」を、さあ召し上がれ!!

「北乃創彩」北釧まいわし梅煮
大阪樟蔭女子大学 考案レシピはこちら